オススメとろみ剤ランキング

HOME >  嚥下障害の基礎知識

嚥下障害の基礎知識

嚥下障害について正しく理解しよう

高齢になるにつれて、食べ物をうまく飲み込むことができなくなる場合があります。
これを「嚥下障害」と呼びます。

脳のなかの、嚥下中枢と呼ばれる部分がうまく機能しなくなることで起こる障がいだと言われています。加齢だけでなく、事故や病気などで身体に障がいを持っている人も嚥下障害に悩む場合があります。

小さなサインを見逃さない!

食事のときに「むせる」「咳き込む」が代表的なサイン

ここでは、正常な嚥下のメカニズムや、嚥下障害の原因などに触れながら、嚥下障害の概要をまとめてみました。

 

嚥下障害の原因は、口内炎のような身近なものから、精神的な要因まで幅広く存在します。元気だと思っていても、いつの間にかうまく食べ物が飲み込めなくなっていることもあるのです。

わたしの母は食事のたびにむせていたので、すぐに嚥下障害だとわかりました。でも、人によってはむせることすらないケースがあるそうです。そんなときでも早く気づけるように、嚥下障害の疑いのサインを調べ、まとめてみました。

嚥下障害になったら

そして、嚥下障害になったときに必要な知識にも触れています。

まず、嚥下障害が引き起こす問題点と危険について考えてみました。そして、食べやすいものと食べにくいものの考え方についても説明をしています。最後に、嚥下障害の介護に関するQ&Aも添えてあります。ぜひ参考にしてみてください。