HOME >  介護の味方!とろみ剤を使おう >  流動食にも活用

流動食にも活用

流動食はとろみが付けにくいと言われていますが、流動食用のとろみ剤を使えば簡単にですよ。

流動食にとろみを付ける場合、我が家では「つるりんこ 牛乳・流動食用」を使っています。短時間でとろみが安定しやすいし、混ぜるだけで本当にお手軽だからです。

今回は、つるりんこ 牛乳・流動食用を使ってラコールにとろみを付けたので、手順やコツをレポート形式で紹介していきますね。

ラコールにつるりんこ(牛乳・流動食用)でとろみを付けるには材料

  • ラコール…1袋(200ml)
  • つるりんこ 牛乳・流動食用…3包
    ※ヨーグルト状~マヨネーズ状の場合。体調や好みによって適度なとろみの強さは異なるため、とろみ剤の量は調節してください。
  • 白湯
    ※今回は使用していませんが、味の好みや体調、水分補給の目的で、ラコールを白湯で薄めたり、白湯と一緒に飲む場合があります。白湯の量は、体調や好みで調整しましょう。その場合は、とろみ剤の量も調整してください。

とろみ剤でラクラク!ラコールにとろみを付けました

まずは、ラコールの袋の端を切って、中身を軽量カップなどに注ぎます。

つるりんこでラコールにとろみ付け!全て注いだら、つるりんこ 牛乳・流動食用を入れていきます。この時、とろみ剤は少しずつ入れるのではなく、分量を全て入れてから混ぜるようにします。

適量をラコールに入れたら、スプーンで1分程混ぜましょう。

ダマにもならず、簡単にかき混ぜるだけでよく溶けました。

この時点では、ラコールはまだサラサラ。
とろみが付いている実感はありませんが、ここで分量以上のつるりんこ 牛乳・流動食用を入れるのはNG。

後から、とろみが強くなりすぎてしまいますよ。

5~10分静置して、とろみを安定させます。ラコールの温度や状況でとろみが付くまでの時間は異なるので、様子を見ながら調整してください。

その後、さらに30秒ほどかき混ぜ、とろみが付いたか確認します。

とろみを付けた流動食スプーンでラコールをすくってみると、トロ~リ。

たったこれだけの手順で、安定したとろみがしっかり付いています!

我が家では、ヨーグルト状くらいの強さでとろみを付けていますが、適度なとろみは1人ひとりで異なるので、体調や好みに合わせて調節してくださいね。

とろみの強さや、ダマになっていないかを確認したら完成です。

必要に応じて、スプーンやストローなどを使って飲ませてあげてください。

ラコールは、一度に大量に飲むとお腹を下してしまう場合も。分量や飲む時間の間隔を調節しながら飲むと、快適に栄養補給ができますよ。

とろみの強さも調整可能

ちなみに、とろみの強さを調整したい場合は、下記の方法で調節すると簡単ですよ。

  • とろみを強くする…別なグラスにラコールを注ぎ、強めのとろみを付け、とろみを強くしたいラコールに混ぜます。
  • とろみを弱くする…とろみを弱くしたいラコールに、とろみを付けていないラコールを混ぜます。

性質上、とろみを付けるのが難しいと言われている流動食に、こんなに簡単に適度なとろみが付けられるなんて!と、初めて「つるりんこ 牛乳・流動食用」を使った時は驚きでした。

今では、すっかり愛用者。この手軽さのお陰で、手間などがかなり減って、とっても助かっています。母もスムーズに嚥下をしているみたいで、ラコールを飲んでいる最中にむせることがほとんどなくなりました。
流動食にとろみ剤を活用することは、作る側にもラコールを飲む側にも、メリットがたくさんあると思います。